スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   吉田光希監督特集

111009kazokux.jpg
「家族X」11/12(土)-11/25(金)
「症例X」11/12(土)-11/18(金)


「症例X」で第30回PFF審査員特別賞を受賞し、新作「家族X」で劇場デビューを果たした吉田監督の2作品を公開します。


11/12(土)– 25(火)
111014xmain.jpg
「家族X」
2010年/日本/90分/ ユーロスペース=ぴあ
出演:南果歩/田口トモロヲ/郭智博/筒井真理子/村上淳/森下能幸
東京郊外の新興住宅地に暮らす橋本家の妻・路子は、ごく普通の幸せを手にしたと信じていた。しかし失業の危機にある夫とは会話もなくなり、就職浪人の息子ともすれ違っていく。家族と食卓を囲むことがなくなっても、孤独に毎日食事を作る路子は次第にバランスを失っていき…。「症例X」でPFFアワード2008の審査員特別賞を受賞した監督が、第20回PFFスカラシップにより撮り上げた商業デビュー作。
11/12(土)- 18(金)13:50~/19:40~
19(土)- 25(火)未定


11/12(土)– 18(金)
111014x.jpg
「症例X」
2008年/日本/67分/ リトルモア/DV
出演:坂本匡在/宮重キヨ子/沢田幸子/野中裕樹
有島謙一(36)は、統合失調症をわずらう母、敏江(70)と二人で暮らしている。数年前から敏江は認知症を患い、その病いはゆるやかに進行しつつある。そんな日々の中、謙一は在宅介護を続けてきた。いつからか敏江は終日を床で過ごすようになり、無気力に毎日を送るようになっていた。謙一は、仕事と介護だけを繰り返すだけの生活を続けていく。PFFアワード2008審査員特別賞受賞作。
11/12(土)- 18(金)21:25~

---------------------------------------------------------------------------------------
「家族X」当日一般料金/1800円 学生/1500円 会員/1200円
「症例X」当日一般料金/1300円 学生・会員/1000円









 携帯版webはこちら

 検索フォーム

 会社概要




Copyright © Kyoto Minami-Kaikan All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。